テストステロンと男性更年期の関係とは

更年期障害ときくと女性に起こるというイメージが強いものですが、実は男性にも更年期障害は起こります。
女性の更年期障害は女性ホルモンであるエストロゲンの減少が影響を与えるものですが、男性の場合は、男性ホルモンであるテストステロンの減少が大きな影響を与えます。
テストステロンは男性の体を構成する大切なホルモンであり、20代に最も分泌が盛んになり、中高年になると誰でも徐々に減少していきます。
しかし、女性の更年期障害のように大きく取り沙汰されたなかったのは、これまではテストステロンの減少は性欲減退やEDといった性的な事象に関わることにしか影響を与えないと考えられていたからです。
そのため、日常生活には大きな支障はないと問題視されていなかったのですが、昨今になって、それが間違いでありテストステロンの減少は性的な面だけではなく精神面、肉体面に大きな影響を与えることが分かってきました。
代表的な精神面の症状が無気力感といったうつ症状です。うつ病と診断された男性はそうではない人と比べてテストステロンが少ないという研究結果もあるほどです。
また肉体面では筋肉が減って内臓脂肪が増えやすくなります。メタボリックシンドロームのリスクも高まるため、放っておくと心筋梗塞や脳梗塞リスクも上昇するのです。
このように様々な症状を引き起こす男性更年期は避けられないものですが、女性の更年期障害同様に男性更年期障害にも治療の方法はあります。
主な治療法は更年期障害治療薬を使った薬物療法となります。
更年期障害治療薬には、まず不足したテストステロンを補充するための男性ホルモンがあります。また抗うつ薬や抗不安薬、バイアグラなども更年期障害治療薬として用いられます。
これらに加えてカウンセリングや食事療法などによって症状を改善していくことが出来るのです。