ピルが使われる用途には更年期障害の改善もある

ピルと聞くとすぐにイメージするのは、避妊目的かもしれませんが、実は更年期の症状を改善したり、月経に関係するトラブルを改善する用途があります。近年主流になっている低用量ピルは、エストロゲンとプロゲステロンという女性ホルモンの量が少ないため副作用も大幅に減少されています。

ピルの用途に更年期障害の改善がありますが、その場合は女性ホルモンの分泌量が減ってきた影響で様々な体調不調が出始めた時に使われます。女性ホルモンのバランスが乱れ始めるために自律神経の乱れも同時に引き起こされる場合もあります。自律神経が乱れるとちょっとしたことでイライラしたり、憂鬱な気分になりやすかったりします。またほてりやのぼせといった症状も出てきます。また、ピルの用途にはプレ更年期に入った女性の体調を整える目的でも使用されます。女性は40代になると生理の量や周期にも乱れが出てきますが、このプレ更年期にホルモンのバランスを安定させるために服用することで体調不調や不定愁訴などの改善に役立ちます。

ピルを服用することで、月経周期の乱れが改善され、過多月経を抑えて貧血予防になります。また、ニキビの改善や肌の状態が良くなったり、多毛症が改善されるという効果が期待できます。そのようにプレ更年期に入ったら低用量ピルを服用することで様々な体調不調の改善に繋がります。以前には高容量ピルの服用で、体重の増加や吐き気といった副作用の経験を聞くことがありましたが、現在主流になっている低用量のピルは、その副作用の心配はほとんどないといわれています。プレ更年期に入って体調がすぐれなくなってきたら婦人科で診断を受けて処方してもらうことができます。治療費として3千円ぐらいが目安です。