更年期に感じる性行為痛を和らげるアイテムの安全性

女性は50歳前後から、膣に潤いがなくなったことで性行為痛を感じるようになるといわれています。そのため性交することがこわくなり避けるようになる人も多いようです。夫婦円満のためにと性行為痛を我慢して行うと膣炎や膀胱炎になりますので早めに対策をとることが大切です。

女性が性行為痛を感じる原因は、女性ホルモンであるエストロゲンが減少によって膣や肌の潤いがなくなってくるためです。女性は50歳前後になってくると更年期に入ります。その更年期の時期にはエストロゲンの分泌が減少していき、膣粘膜に潤いを与えていた分泌液も減り、粘膜や皮膚も薄くなっていくことで性行為痛を感じ辛くなります。また、膣の分泌液が減少することで殺菌能力も落ち、膣炎や膀胱炎を引き起こすリスクも高くなります。発症した場合には婦人科で診察を受けることが大切です。

更年期の時期に感じる性行為痛を予防するために、安全性の高いデリケートゾーン用の保湿液や専用の潤滑ゼリーなどを用いることができます。種類もいろいろありますが、産婦人科医と共同開発したゼリーで簡単で衛生面でも安全に利用できる安全性の高いものもあります。また、更年期の症状を改善するサプリメントを利用することもできます。人気があるものにマカが配合されたサプリメントがあります。更年期の症状を改善するには、ホルモンバランスを整えることが必要ですが、マカの成分にはその症状の改善に効果があると期待できます。マカは天然の植物から作られるので安全性が高いものといえます。さらにアミノ酸やビタミン、ミネラルなど重要な栄養素が含まれていますので健康維持に役立ちます。このように性行為痛を和らげるために、専用の保湿液、潤滑ゼリー、またマカなどのサプリメントを利用することができます。